明石市にある朝霧整体院です。明石・垂水・舞子・西神・西明石・大久保・魚住・加古川・などから多数来院されています。骨盤矯正・肩こり・腰痛・頭痛・膝の痛み・股関節痛・О脚にお悩みの方はどうぞ!




頭痛(緊張型頭痛)


2010年6月3日 記述

肩こりオーナーとは縁の深い存在ではある「頭痛」。
「肩がこったから頭痛が出てきて」とお嘆きの方が非常に当院でも多いですね。
できるだけ薬は飲みたくない。
でも頭痛が治まらないと仕事にならないから薬は手放せない。
こんな葛藤に振り回されてしまうことが多々あるかと思います。

頭痛といってもさまざまな原因があるのですが、まずはじめに整体ではなくお医者さんに行かなければいけないという頭痛。
これはもちろんはっきりとした病的な原因があるものです。
例えば脳梗塞、脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血などからくるものです。
これらは生命を脅かす「危険な頭痛」となりますので、すぐに直行してください。
特徴としては「急性である」「吐き気」「意識障害」「嘔吐」などがあります。
くも膜下出血が「頭をバットで殴られたような痛み」と表現されるように、今まで経験したことのないような激しい痛みがある場合は、まず病院へ直行していただいたほうがよいでしょう。

一方で慢性的に起こる頭痛は「緊張型頭痛」「血管性頭痛」といわれます。
慢性頭痛の原因のほとんどがこの二つで、とくに緊張型頭痛は7~8割を占めるといわれています。
緊張型頭痛とは

・キリキリと締め付けられるような痛み
・肩や首がこる
・めまいを伴う

原因としては、ストレスによる文字通りの緊張が頭部や頸部の筋肉を硬直させて、頭痛を誘発させます。

そこで当院がまず行うのが、「頭部や頸部の筋肉の緊張の緩和」です。
対象とする筋肉が

・後頭下筋群
・胸鎖乳突筋
・斜角筋

などです。
主に頭~頸部に付着する筋肉なのですが、これらの筋肉の硬結部分(コリ)が引き金となって周辺や離れた箇所に痛みを放散していきます。
この痛みを広げていくコリのポイントを「トリガーポイント」といいます。
例えば「頭が痛いけど、目の奥も痛い」という方がよくおられます。
この場合「後頭下筋群」のコリが目の奥に痛みを広げることがあります。

これらの筋肉を緩めるだけでも十分頭痛は軽減できるのですが、頭蓋骨や頸椎の矯正を行い、さらに深い所での改善を図っていきます。

ある意味「頭痛は肩こりの進化版」。
ですので、当院の肩こり患者さんには
「頭痛が出たらケアする時期やと思ってくださいね」
とお伝えしています。


最後までお読みいただきましてありがとうございました。



明石市の朝霧整体院トップページ

→明石市の朝霧整体院トップページ






〒673-0870
兵庫県明石市朝霧南町1丁目193-7フジモトビル1F          


平日:9:00~20:00
※土日は18:00まで


月曜・祝祭日


↑ PAGE TOP