30代女性「座りっぱなしで肩と首に痛みとしびれ」の症例

image1111

今回は、「座りっぱなしで腰と肩が痛い」改善事例です。

ご来院者様

明石市 30代女性 事務職

症状

 ご友人のご紹介でご来院。常に右の首〜肩がこっている状態。

頭痛も伴っており、「こりを通り越して痛みとしびれが出てきました」とのこと。

もともと腰痛があるらしく、「ギックリ腰を5~6回経験しています」とのこと。

ご来院時点でも寄りかかると腰痛がある状態。

来院してから当院での施術方法

  • 胸椎~骨盤の歪み矯正
  • 頭蓋骨矯正
  • 足首矯正
  • 肩関節の矯正(巻き肩)
  • 頸椎の矯正
  • 自律神経の調整
  • 内臓調整(肝臓)

施術内容と経過

ほぼ1日座りっぱなしのデスクワークというご来院者様。

骨盤の歪みを矯正し、まず座位バランスの改善を図る。

とくに右肩がこるとのことだったので、肝臓調整で右半身の負荷を軽減させる。

さらに頭蓋骨の歪みを調整するとことで、頭痛軽減を狙う。

2回目のご来院時には「頭痛はかなりなくなりました」との好感触を得る。

頬骨や側頭骨の調整を行い、対象部位の斜角筋や胸鎖乳突筋の緊張を緩和。ここを緩和させることで、上肢のしびれ解消を狙う。

3回目には「あまり気にならなくなってきました」という状態になり、4回目に少し腰痛が出るがその場での骨盤〜背骨の矯正で解消。

5回目に歪みを予防する「タオルを使ったセルフケア」をお伝えして、2週間間隔に来院を広げる。

その後ご多忙につき、睡眠時間が短くなった影響で起床時の不調が出やすくなっていたため、メンテナンスを行い慢性化と悪化を予防していく。

 

 

 

同時に施術した症状

頭痛

考察

デスクワークの方は1日中座って動きの少ない環境下にある。

当然全体的に筋肉がかたくなってくるが、パソコンを長時間行うことで、顔は前方に突き出た状態が続く。

この時に負荷がかかってくるのは、首の前側につく斜角筋や胸鎖乳突筋である。

ここが持続的に緊張していくと、とくに斜角筋の間を通る腕神経叢が圧迫され、上肢にしびれを起こしやすくなる。

この斜角筋や胸鎖乳突筋とつながっている顎関節、耳、側頭骨を調整することでしびれだけでなく頭痛の軽減を図ることができた。

当院ではデスクワーク起因の不調で来院される方は非常に多い。

とくに斜角筋や胸鎖乳突筋は部位そのものの自覚症状は乏しいが、関連する痛みは多いので注意していく必要がある。

 

 

 

この記事の作成者

川崎 省吾(かわさき しょうご)

兵庫県明石市の整体院「朝霧整体院」院長

JCM認定カイロプラクター 施術歴19年(令和2年現在)

「お一人と向き合う整体院」をコンセプトに平成16年開業。

身体の歪みを徹底的に矯正する方法で、健康や美容面において寄与している。

昭和51年3月29日生 兵庫県明石市出身

血液型B型 辰年

詳しいプロフィールはこちら

 

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事